初心者にも安心のCDプレス!対面でデザイン作成!しかも無料!

パジャマでオジャマ♪

 昨日は、ライブを見に行ってた時間以外は電話かzoomミーティングしてたなー。          店のパソコンにはインカメラが付属していないので映像無しで話をするんやけど、相手の表情が読み難くて、持って行きたい方向へ話を持って行く際の切り口が難しいね。         とは言え、ほんの数年前まではこんな対話方法なんてなかったんで、便利な世の中になったもんです。( その分、濃度は薄くなってるとは思うけどね )           夕方にzoomミーティングしている途中に、2ndLINEに出演する ayano. がひょこり顔を覗かせてたんやけど、恐らく『 今日ライブなんで来てくださいね! 』って事やったんやろう。
 ・・と言う訳で、2ndLINEで行われている ” ひとりにしないって言ったじゃないツアー応援企画〜だいすきなお姉さん編〜 ”を見に行く。         1番手に出てた 橘田ほのか は見逃して、2番手の Miharu. 中盤辺りから見る。        Miharu. から ayano. に対する温かいMCや低音域の良い響きなんかを聞いてると・・『 ルックスはおぼこいけど ” お姉さん編 ”って事は、20代後半くらいかな? 』って思ったくらいドッシリした歌い方してた。          後半の曲では太いハイトーンも披露してたんで、そこそこ音域が広いんでしょうね。           特徴である低音域の歌い方が綺麗なんで、もうちょい ” 寂びや掠れ ”が入ってくると渋い姉ちゃんになりそうやけどなー。          あとMCで言うてたけど、近々の内に改名するとかなんとか? Miharu.( ミハルドット )から何に改名するんやろうか?           あ、あと・・ごめんなさい!!20代後半って思ってたけど、20代中盤のようでした。

※ 21年8月25日@あべのROCKTOWN
「 奇縁。vol.5 」
w: 立石歩 / 中村利紗

Miharu. Twitter @Miharu_ssw

 そしてトリ出番は、金髪レフティー ayano. で、どうやら ayano. ( あやのてん )「 . 」は前出番の Miharu. を倣って付けたらしいです!         何かとミーティングしたりライブを見たりと機会の多い彼女のライブ。         ワシが想定している完成ラインまでには程遠かったりするけど、本人も ” どういうライブをするのか!? ”が見えていて、少しずつではあるが前進はしております。           変わる事への戸惑いや無意識的なリミッターがあって、劇的な変化は難しいかも?やけど進化はしてるんでね。         何か大きな切っ掛けや逃げ出したくなるプレッシャーとかあればなぁー。         ライブの作り方は上手くなって来てるね!頭の2曲「 さよなら、群青 」「 金曜日の夜 」の流れで掴めたように思う。            平日月曜日の早い時間にも関わらず、彼女だけで2桁動員はビックリやね。            8月3・4日の東京2デイズを待ち望んでいる方も居られると思いますが、あと約半月・・ライブを観て頂いた際に「 おぉ・・ほぉ!! 」と思ってもらえるところまで、追い込んで追い詰めてプレッシャー掛け捲って ” 覚醒 ”を待ってみますので、東京2デイズお楽しみにー!

★8/3_新宿SAMURAI
「HOOK UP NEVER DIE!? in tokyo vol.5」
ACT: ayano./徳永由希/acomet(metro polica)/こやまゆいぽ.

予約は https://bit.ly/3xMwaDk

★8/4_下北沢 近松
「HOOK UP NEVER DIE!? in tokyo vol.6」
ACT: 徳永由希/ayano./柴田ゆう(sympathy)/稲見繭

予約は https://bit.ly/2TXDayA
※ ayano. の音源はお店にあります!今なら「 サイン入りライブフォト 」プレゼント!
詳細は→ < コチラ >

※ 21年8月11日@心斎橋JANUS
「 君の知らない街まで 」ツアーファイナル
w: 白いアトリエ

ayano. @aaa_yanoo
 ライブ終わり、店で仕事をしていたら ayano. を筆頭にライブに出演していた 橘田ほのか / Miharu. の3名が来店。          バンドのメンバー3人なら、同じ話を共有してもらえればOKなんやけど、シンガー女子3人となるとパッと華やかにはなるが、誰とどんな話をして良いか?分からなくなるよな。         先輩2人( 橘田ほのか / Miharu. )を前に ayano. へガチトーンの話をしちゃうのもドン引きされちゃうだろうから、ニコニコとナイスガイに徹しておいた。

 日が明けて、今日は21年7月20日@OSAKA MUSEでワンマンライブを行う Yukka が来店。           つい先日、神奈川方面へストリート行脚をしに行ったらしいが、何と!!1週間でCD100枚売って来たってさ!         聞いた話では、神奈川県某所の駅周辺では行政として「 ストリートミュージシャンを大切にしていて、演奏中にライブを止めさせない 」って事みたい。          フルバンドセットだと音量制限でアウトなのかもしれないけど、行政側も街を行きかう方達もストリートミュージシャンを暖かく見守ってくれてるようで!ありがたい事ですね。          レコ発企画でもなくワンマンライブでもなく、全く自分の事を知らない街でストリートライブを行って1週間で100枚売る!ってヤバクないですか?           今日の用向きとしては。新しい音源のジャケデザイン打ち合わせをしに来ていて、作業をしながら最近の話を聞いてみると、定期的にYOUTUBEへアップしている動画編集が忙しく睡眠時間が少なくて・・って話をしてると、ふっと会話が途切れたので、彼女の方を見てみると・・寝息を立てて爆睡しとるやないか!!          起こすのも悪いので作業に集中して、ある程度のデザインを作り上げてから起こしてあげた!           寝る前に20%くらいだったデザインが、起きたら出来上がってたので喜んでおった!           ワンマンライブなぁ・・ストリートライブをする毎に数十枚売り上げる実力がどんなものか!?ってのは確かめに行かないとなー。

※ 21年7月20日@OSAKA MUSE
「 #STAGE 1 」
ワンマンライブ

Yukka Twitter @Yukka_731
 夕方から見に行く予定にしていたライブの面子やスタート時間を確かめてると 超アイドルちいちゃ から「 今日のライブを見に来て欲しいです! 」と切実なお願いが来たので、予定を変更して日本橋にあるアイドル箱 ポルックスシアター へ向かう!            ポルックスシアター な・・以前は別の名前で営業していて、その時に小学生アイドルを見に行った記憶がある。          入り口前でコロナ対策の質問シートに書き込んでいると・・「 あれ?何してるんですか!? 」と声がするのでパッと向いてみたら、音楽専門学校ESP の知り合い講師がおった!!先方もワシも「 ??? 」になって、まさかアイドル現場で出会うとは!!           どうやら音楽専門学校ESPイベント制作学科の生徒さんによる授業の一環みたいやね。          バンドのイベントばっかじゃなくて、こういうアイドルイベントも制作しておかないとね!流れが全然違うから勉強になるよね!
 フロアに入って、超アイドルちいちゃ のライブを見る。        今日のイベントは「 パジャマでオジャマ♪ 」と言うタイトルで、出演者が自前のパジャマを着てパフォーマンスをするって趣旨みたい。           いつもの衣装ではなく動き易いパジャマを着てのライブだったんで、縦横無尽に動き回ってたなー。          「 ADHD〜あわわどうしよはわわどうしよ 」 なんかもそうやけど、音源よりも歌が上手くなってるな!           ピッチを外す事はなくなったのだが、やはり踊りながら歌ってるのでヨレは気になるな。           あとブレスの位置や呼吸量が不安定なので、声が続かなくて尻すぼみになっちゃう箇所が多いのがなぁー。             全曲とまでは言わないまでも、歌詞の詰まったアッパーな曲辺りにはオケにガイドボーカル入れた方が良さそうや。            終演後、その講師の方に話を聞いたら「 歌詞が面白いッスね!!あの遅刻の歌とか!! 」って評価を頂いた。          「 なんか遅刻癖があるって実話みたいだよ! 」と返答すると・・「 そういや、今日も遅刻してましたわ!! 」と笑っておられた。


超アイドルちいちゃ Twitter @chiichaidol
 ちいちゃ のライブが20分だけだったので、トリ出番の sustain という2人組のアイドルユニットのライブも見る。          経歴も曲も全く知らんのやけど、見た感じ・・5年くらいのキャリアはありそうなダンスのキレと歌唱力。          オケトラックの方も、アイドルに多いシンフォニックメタルな要素もあるけど、サビ以外ではギター音色を大分と後ろへ持って行ってるのが分かる。          あと、ガイドボーカルの音量も生声とのバランスが絶妙で聞いてて「 んー? 」って可笑しさを感じなかったなー。         全く面識も無いけど、やっぱ運営さんが居られるんやろうか?まさかセルフプロデュース?
sustain Twitter @sustain_idol

 ほんでねー・・久々に日本橋オタロードを練り歩いた訳やけど、メッチャ声を掛けられるよね!!          道路の両側にズラーーーッと制服姿や明度姿の女の子がチラシを持って立ってて、行き交う人に呼び込みをしとったわ。        『 へぇー、こういう文化って大阪だと日本橋くらいやろうな。 』なんて思ってたら「 お兄さーん!今から、どこ行くん?暇? 」って制服姿の女の子が思いっ切りタメ口で声を掛けて来た。         「 なぁなぁ・・ちょっと止まってや!サービスするから店に行こうやー! 」って・・『 なんで、お前は初対面やのにタメ口なんや!?ワシの年齢幾つやと思うてるねん!!どんな教育されて来たんや!!?このバカ女が!! 』と𠮟り飛ばしたいところやけど、そこはワシもジェントルメンなんで「 また今度ねー!フライヤーだけ貰っておくよ! 」と言っておいた。

貰うたフライヤー

 ん?「 妹+添い寝リフレ 」「 敬語絶対禁止 」なんやこれ!?           もしかしてマジで添い寝するだけなん?ほんで ” 30分で6000円 ”って!?ふざけてんのか!!         そんな金あったら、近くのまんだらけへ行って ゴルゴ13 を買い捲るわ!!
 そんなこんなで日本橋や難波周辺をうろついてたら、ストリートライブを発見!!         近寄ってみたら、ツインドラムのインストユニットで格好良いー!!           スタッフのお姉さんにステッカーを貰って、動画撮影OKやったんで録ってみた!!


 1曲終わったんで、パフォーマーさんに近づいて「 録った動画ってTwitterにアップしても構わないですか? 」って聞いたら・・おぉー!!!「 お久しぶりです! 」って、知り合いの元バンドマンやんけ!!          どうやら The Art of Losing ってツインドラムユニットとしてストリートライブを行っているようで!           本人から「 正体バレするとヤバイので・・ 」って事だったので素性は内緒にしておきます!          色んな所でストリート演ってるみたいなんで、もし出会ったなら1曲でも聞いてやってくださいな!それこそ grunband と対バンしたらエエのに!
The Art of Losing Twitter @TheArtofLosing_

ノンジャンル
スポンサーリンク
HOOK UP RECORDSをフォローする
関西インディーズ釣り上げ日誌 ~日々ライブ三昧~

コメント

タイトルとURLをコピーしました