初心者にも安心のCDプレス!対面でデザイン作成!しかも無料!

PULPS → TALKY ONE-ROOM

音楽

 昨日は、22年12月23日に年末恒例?のワンマンライブを行う PULPS からVo.Gt.田井君が来店。         基本、土日での活動になっちゃってるんで、WEB周りの発信を細かく行ってるのと、楽曲制作がメインになってるね。         偶然でもライブを見てもらった20歳前後の邦ロック好きな人達からの反応は良いんだよねー。         ライブと言う ” 入り口 ”を作れてないので、少ない本数を濃くしていって、あえて勢いのある若手バンドと対峙していって欲しいところ。         ウェブ周りで作ってる ” 入り口 ”に関しては、少し扉を開けてもらえるものの中には入って来てくれてない状況。         入り口を増やすか、興味を持ってもらえるような策を打つか。          入り口を増やす!って意味では、楽曲制作のスピードがメチャクチャ速いし、持ってくる曲の全てがグッドメロディ!!あとは歌詞かな?          興味を持ってもらえる策としては、若い邦ロック好きの女子から意見を聞いてみるとヒントが落ちてる事が多いよー!          需要のあるノスタルジックでフォーキーなサウンドやと思うんで、YOUTUBE置いておきますね!

※ 22年12月23日@寺田町Fireloop
「 PULPS ONE MAN LIVE 2022 」
ワンマンライブ


PULPS HP https://pulps.aremond.net/

 次に来店したのが、結成して初ライブが控えていると言う初々しい神戸のロックバンド TALKY ONE-ROOM が来店。( 20歳前後の学生でイケメン! )          彼らの事を話す前に前提があってね・・もう何年前だろうか? alcott のGt.ウッチーが兵庫・甲東園に練習スタジオ「 WARP STUDIO 」を開店させてね。         近くに関西学院があるので、そこの軽音サークルが使用してたりするのです。        そんなスタジオのオープンくらいに、ウッチーから「 ウチのスタジオで行けそうな若手バンドが来たら、絶対に紹介するんで!! 」って勇ましく言うてたのが何年前だ!?         スタジオには練習しに来る学生は多いけど、ほとんどが発表会前のコピーバンドだったようで、ようやくオリジナル楽曲で勝負できそうなバンドが出て来ました!!と紹介されたのが、挨拶に来てくれた TALKY ONE-ROOM でね。         ほんで、ウッチーがワシの事をどう紹介したのかは分らんけど、数日後に初ライブを控えているのに、リリースする音源のジャケットなんかが手付かずらしくてね・・彼らが言うには「 HOOK UP に行ったら何とかしてくれるから! 」とだけ言われて来店したみたい。         そこから持って来たジャケットデザインを基に Illustrator のデータを作って、持って来てたWAV音源を編集してマスター作成して、それらの作成方法を教えてあげて・・何なら来春くらいまでの動き方をレクチャーして・・とガンガン詰め込んだが、本人達から ” やる気 ” を感じたので課したハードルはクリアしてくるでしょう。        初ライブの面子が「 POETASTER / Maki / INKYMAP / oicasë 」とエゲツない事になってるので、現場である神戸・太陽と虎 のブッカーさんも大抜擢したくなる ” 何か ” を感じたんやと思う。         そのまま2ndLINEに連れて行って、ブッキングを担当している Arakezuri のGt.イッサ君を紹介してやると、TALKY ONE-ROOM のVo.Gt.キシモト君が「 うおっ!今度 Arakezuri のコピバンするんですよ! 」とはしゃいでた。2ndLINEでライブを見る日も近そうだな。

※ 22年10月26日@神戸・太陽と虎
「 anthology of TOUR 神戸編 」
w: POETASTER / Maki / INKYMAP / oicasë


TALKY ONE-ROOM Twitter @talky_one_room

 世界最大の音楽ストリーミングサービス「 Spotify 」にて前月にライブを見に行った、来店してくれたアーティストをメインに毎月月初にプレイリストで紹介しています。
プレイリストは → < コチラ >

LINE公式アカウントへの登録は → < コチラ >

音楽
スポンサーリンク
HOOK UP RECORDSをフォローする
関西インディーズ釣り上げ日誌 ~日々ライブ三昧~

コメント

タイトルとURLをコピーしました